読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dismaland訪問記-6 エピローグ

travel

f:id:bengal00:20151003011746j:plain

観覧車は回り続けていますが、たっぷり楽しんだDismalandを去る時間が来ました。

決して広くはない園内ですが、3時間以上は滞在したと思います。

人形劇や映像作品を見ていればもっと長い時間楽しめたでしょう。

(昼の部と夜の部があるので、昼の客は夕方には退園しないといけませんが)

 

f:id:bengal00:20151003011748j:plain

日も少し傾いてきました。

 

f:id:bengal00:20151003011611j:plain

お帰りはこちら。

 

f:id:bengal00:20151003011623j:plain

もちろんBanksyの映画「Exit Through the Gift Shop」ネタですね。

実際におみやげコーナーがあるのですが、なぜか園内でそこだけが撮影禁止でした。

Tシャツやパーカー、ポスター、パンフレットがありました。

暴動鎮圧用のライオットシールドにピースマークのペイントをしたものが

開園時にはあったようなのですが、そこには売り切れの札だけがかかっていました。

ぼくもいくつか買い物をして、後ろ髪を引かれつつ退園。

 

f:id:bengal00:20151003011757j:plain

ああ出てきちゃった。

外には本気でダルそうな係員。

 

f:id:bengal00:20151003011758j:plain

おや、窓から見覚えのある誰かがお見送り。

 

f:id:bengal00:20151003011759j:plain

さようならDismaland。楽しかった!

 

f:id:bengal00:20151003011800j:plain

帰り道に浜辺に出てみました。

Dismalandはこんなところにあります。

 

f:id:bengal00:20151003011801j:plain

こんなことがなければ

イギリスの田舎町に来て海を眺めることなんてなかっただろうなあ

 

f:id:bengal00:20151003011802j:plain

アートなのか本気の掲示なのか分からなくなってきました。

 

f:id:bengal00:20151003011808j:plain

ウェストン=スーパー=メア駅。

なんでもないけどいい雰囲気の駅で、帰りの電車を待ちます。

 

f:id:bengal00:20151003011809j:plain

帰りは行きと違う駅で乗り換え。

 

f:id:bengal00:20151003011810j:plain

乗り継いだ列車がバースを通過しました。

夕暮れ、古い町並みと尖塔、向こうに気球。美しかった。

iPhoneが車窓に映りこんでしまったのが悔やまれる)

 

f:id:bengal00:20151003011811j:plain

いくらでも眺めていられそうな景色。

 

f:id:bengal00:20151003011813j:plain

7時前にロンドン・パディントン駅に到着。

 

f:id:bengal00:20151003011549j:plain

ピカデリーサーカスの夕暮れ。

 

この2日後、9月27日にDismalandは閉幕しました。

滑り込みでしたが、行った甲斐があったと思っています。

閉幕後、Dismalandで使われた資材は

フランスの難民キャンプで使われると発表されました。

 

これで訪問記はすべて終わりです。

最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。

Dismaland訪問記-5 屋内展示編

travel

f:id:bengal00:20151003011713j:plain

展示は屋内にもたくさんあります。

まずはDismalandの象徴、シンデレラ城に入りましょう。

 

f:id:bengal00:20151003011714j:plain

入り口に立ち入り禁止の表示。

 

f:id:bengal00:20151003011715j:plain

入り口では「シンデレラ」のハッピーエンディング、

シンデレラと王子様が馬車に乗って幸せそうに去っていくシーンが流れています。

このあと希望者はグリーンバックの前で写真を撮られます。

中へ入っていくと…

 

f:id:bengal00:20151003011716j:plain

横転したカボチャの馬車。

フラッシュを浴びせ続ける、表情の見えないパパラッチの群れ。

 

f:id:bengal00:20151003011717j:plain

馬車の窓からはお姫様の無残な姿が。

説明するのも野暮ですが、ダイアナ妃の悲劇をモチーフにしています。

日本の皇室に置き換えたら、と思うと、いかにとんでもないテーマか…

 

f:id:bengal00:20151003011718j:plain

馬車のスペースをあとにすると、

先ほどグリーンバックで写真を撮った人は

「横転した馬車と、パパラッチの後ろでうれしそうに野次馬している自分たち」

の記念写真を買うことができます。

 

f:id:bengal00:20151003011641j:plain

今度は別の建物へ。

Banksyの死神がカートに乗って、「stayin' alive」の音楽とともに

ステージ上をグルグルとダンスするかのようなパフォーマンスを見せます。

死神がstayin' aliveって…

 

f:id:bengal00:20151003011642j:plain

けっこう大きいカートがステージすれすれまで使って

ブンブン動き回るので意外と迫力がありました。

 

f:id:bengal00:20151003011643j:plain

紙吹雪も舞って、stayin' alive!

 

f:id:bengal00:20151003011645j:plain

崩れたピースマーク。

 

f:id:bengal00:20151003011653j:plain

次の部屋へ。

絵画や立体作品が並びます。

 

f:id:bengal00:20151003011647j:plain

わりと直球なディズニーランドネタ。

 

f:id:bengal00:20151003011648j:plain

これ好き。

 

f:id:bengal00:20151003011649j:plain

ディズニー作品に登場する楽園の鳥たちが荒廃した遊園地の上を群れ飛んでいます。

…と思ったらこっそり枠外にディズニーじゃないヤツも?

 

f:id:bengal00:20151003011650j:plain

ピーターパンにティンカーベルもいますね。

 

f:id:bengal00:20151003011651j:plain

突き立った刃物の上に風船がふわふわ浮いています。

 

f:id:bengal00:20151003011655j:plain

キノコ雲から縄ばしご。

 

f:id:bengal00:20151003011654j:plain

ラットの背中にクローン技術で人間の耳を培養したというニュースがありました。

 

f:id:bengal00:20151003011656j:plain

 

f:id:bengal00:20151003011657j:plain

クッキーモンスター

 

f:id:bengal00:20151003011658j:plain

植物も生き物です。

 

f:id:bengal00:20151003011659j:plain

このDismaland内の作品の、

ネタにした企業への対応がどうなってるのか、気になって仕方ありません。

 

f:id:bengal00:20151003011700j:plain

あのネズミを丸呑み。

 

f:id:bengal00:20151003011701j:plain

保護なのか檻なのか。

 

f:id:bengal00:20151003011704j:plain

3つめの部屋です。

ロンドンとおぼしき都市で暴動が起きた後の様子をジオラマにした作品。

数え切れないほどの青い無感情なパトランプが明滅して、

荒廃した街を照らしています。

 

f:id:bengal00:20151003011706j:plain

バーガーキングで一息入れる警官たち。

 

f:id:bengal00:20151003011707j:plain

 巨大なジオラマです。

 

f:id:bengal00:20151003011708j:plain

Banksyが残したストリートアートが、

その価値を知らない清掃員に消されてしまうということが何度かありましたが

それをテーマにしているのでしょうか。

 

f:id:bengal00:20151003011709j:plain

牧歌的な田園風景が都市に駆逐されていく様であるようにも見えます。

 

f:id:bengal00:20151003011726j:plain

こんどはまた別のテント内。

様々な抗議活動をテーマにした展示のようです。

 

f:id:bengal00:20151003011725j:plain

f:id:bengal00:20151003011724j:plain

 

f:id:bengal00:20151003011739j:plain

また別のテント。

カップ&ソーサーに指が!

 

f:id:bengal00:20151003011740j:plain

ダミアン・ハーストユニコーン

 

f:id:bengal00:20151003011741j:plain

悪夢がテーマのテントだったようです。

 

~つづく

 

Dismaland訪問記-4 アトラクション編

travel

f:id:bengal00:20151003011630j:plain

園内には乗りものや射的のような遊べるアトラクションも多数あります。

例外なく頭にネズミの耳をつけた無愛想な係員がついていて

ときに無気力に、ときにはアグレッシブな接客を披露してくれます。

 

f:id:bengal00:20151003011633j:plain

メリーゴーラウンドの馬が吊されて、白衣の男の座る段ボールには「ラザニア」。

牛肉100%を謳うラザニアに馬肉が混ぜられていた事件があったそうで、

それをモチーフにしているようです。

 

f:id:bengal00:20151003011634j:plain 

おいそこの係員、なんだか楽しそうじゃないか

 

f:id:bengal00:20151003011627j:plain

「金床を落とそう」のコーナー。

金床をピンポン球で落としてゲットしよう!

できるわけありません。

お金を払うと精気のない顔をしたお兄さんが

無表情のまま3つのピンポン球をぞんざいに放ってよこしたり、

ときに客の足元に落として拾わせたりしてくれます。

 

f:id:bengal00:20151003011628j:plain

惜しくも金床ゲットを逃すと、残念賞として

「何の意味もないゴムバンド」と書かれた赤いリストバンドを、

当然投げてよこしたり、あらぬ方向へブン投げてくれます。

 

f:id:bengal00:20151003011632j:plain

弾痕だらけの射的コーナー。

 

f:id:bengal00:20151003011734j:plain

ボートを操縦しようのコーナー。

ボートにすし詰めでやってくる難民か沿岸警備隊か!

さあ君ならどっちを選ぶ?

 

f:id:bengal00:20151003011638j:plain

f:id:bengal00:20151003011640j:plain

ボートから落ちて波間に浮かぶ難民の姿も。

あまりにもタイムリー。

 

f:id:bengal00:20151003011747j:plain

パターゴルフのコーナーですが

GOLFのOの文字が破れてUになってました。GULF。壁からはオイルが。

客が途切れて係員さんが座り込んでます。

 

f:id:bengal00:20151003011712j:plain

バーダック釣りのコーナー。

重油にまみれて力なく浮いているあひるちゃんを竹竿で釣り上げます。

釣り針の動きに意識を集中していると、

やる気のなさそうな係員のお姉さんがやってきて

釣ろうとしているあひるちゃんを竿でダイナミックに動かしたり、

用もないのに池と客の間を釣り竿を押しのけて通ったり。

万が一釣れてもあひるちゃんを保護することはできず、

なぜか頭上に吊されている紙に印刷されたサーモンの切り身を押しつけられます。

哀れなあひるちゃんは重油の池に放り込まれてしまいます。

なかなか釣れずにモタモタしていると、無表情に釣り竿をふんだくられて終了。

 

f:id:bengal00:20151003011742j:plain

中央のペリカン。あひるちゃんのお母さんでしょうか。

口には空き缶がぎっしり。

 

アトラクションでは係員がダルそうに対応したり、

横柄な物言いで客を雑にあしらったり、

ボサーっとうつむいたまま突っ立っていたり、

お金を受け取っておつりを渡すのにたっぷり1分ほどもかけたり、

そんな光景があちらこちらで見られるのですが、

来園者のほうもそこはわかってらっしゃるので

そういったこの場所ならではの接客を、誰もが楽しんでいました。

むしろそれがこのDismalandの魅力の大きな一部分だったように思います。

こればっかりは写真には映らない、現地ならではの体験でした。

 

f:id:bengal00:20151003011755j:plain

エントランスゲートの警備員が銃を携えて園内に睨みをきかせています。

こっそり撮影したら…見つかった!

 

f:id:bengal00:20151003011756j:plain

無言で(バン、バン)と撃たれました…

 

無愛想ですが彼らなりのサービス精神を見せてくれます。

来園者がどんなに笑顔でも釣られて笑ってしまったりはしません。

Dismalandの雰囲気を壊すことなく、この場所をサポートしている彼らは

「本物」に負けないキャスト、立派なプロフェッショナルでした。

 

~つづく

Dismaland訪問記-3 屋外展示編

travel

f:id:bengal00:20151003011610j:plain

日本から遠く9500km、ついにDismalandの地を踏みました。

眼前にそびえる朽ち果てたシンデレラ城、歪んだアリエル(リトル・マーメイド)。

天気が良すぎてあんまり陰鬱な感じはしませんが…

 

f:id:bengal00:20151003011613j:plain

警察の暴徒鎮圧用放水車もいまは朽ち果てて噴水に。

 

f:id:bengal00:20151003011614j:plain

巨大な砂のお城と風車。

 

f:id:bengal00:20151003011754j:plain

案内窓口:24時間休業。

実際は中で無愛想なおねえちゃんがパンフレットを売ってます(5ポンド)。

 

f:id:bengal00:20151003011616j:plain

子供向けローンのコーナー。

webサイトもあります。

www.pocketmoneyloans.com

f:id:bengal00:20151003011619j:plain

子供の目線の高さに合わせたローン返済機が

かわいい声で「ようこそいらっしゃい」と迎えます。

 

f:id:bengal00:20151003011618j:plain

f:id:bengal00:20151003011621j:plain

広告の数々。

「劇的に大人っぽく。ニベア加齢クリーム」

「乳歯高価買取。トゥースフェアリー」

 

f:id:bengal00:20151003011622j:plain

顔出し看板のセルフィーコーナー。

 

f:id:bengal00:20151003011624j:plain

ベンチもねじくれてます。

 

f:id:bengal00:20151003011631j:plain

2台のコンボイもねじくれて屹立。大迫力です。

 

f:id:bengal00:20151003011711j:plain

園内は舗装などはされていないので

足元には水たまりがあったりします。

 

f:id:bengal00:20151003011743j:plain

シンデレラ城の裏側はハリボテのトタン張り。

 

f:id:bengal00:20151003011637j:plain

顔を描かない似顔絵描き。

釣りをしに出かけてしまった模様。

 

f:id:bengal00:20151003011626j:plain

カモメにたかられる老婦人。

ベンチのとなりにかわるがわる来園者が座って

ツーショット(あるいはぶすくれた係員とスリーショット)を撮っていました。

 

f:id:bengal00:20151003011625j:plain

f:id:bengal00:20151003011636j:plain

f:id:bengal00:20151003011723j:plain

朽ちた遊具と壁に張られたメッセージ。

 

f:id:bengal00:20151003011721j:plain

アメリカでも警官が市民を射殺するというニュースが2015年は続きましたね。

 

f:id:bengal00:20151003011731j:plain

ダジャレか。でも好きですこういうの。

 

f:id:bengal00:20151003011736j:plain

いかにもBanksyというイメージ通りの作品。

 

f:id:bengal00:20151003011744j:plain

トイレットロールなベンチ。

子供の滑り台になっていました。

 

f:id:bengal00:20151003011753j:plain

「勝利することは固く禁じられています」

 

f:id:bengal00:20151003011751j:plain

アリエル。

どうやったら立体でこんなふうに作れるんだろうか?

見れば見るほど変な感じ。

強い嵐の日に一回壊れて撤去されたという話でしたが

元通りの姿でした。

 

f:id:bengal00:20151003011728j:plain

ほおづえ突いた係員がやる気なさそうに

ただただツンツンと上げたり下げたりするだけの人形劇。

 

f:id:bengal00:20151003011729j:plain

人形劇をやってます。

飲食の屋台も3つほどありました。

 

f:id:bengal00:20151003011732j:plain

園内は100m四方くらい。

絶えず気だるいスティールギターのトロピカルなBGMが流れていて、

ときおり「ピンポーン、ガゴッ…キィーン!」というハウリングとともに

園内放送が流れます。

この日はとにかく天気が良かったのでトロピカルなBGMもそれなりでしたが、

イギリスらしい曇りや雨の日だと一体どんな感じで響いているのか。

 

壁の向こうにはブリストル湾が見えます。

 

f:id:bengal00:20151003011730j:plain

園内至る所に小ネタあり。

まだまだつづきます!

Dismaland訪問記-2 入場編

travel

f:id:bengal00:20151003011602j:plain

到着したDismaland前の芝生広場にはすでに長蛇の列です。

オンラインで予約した人の列と当日券の列が分かれていますが、

当日券の列はまったく動いていません。

おそらくオープンと同時の11:00からの分はすでに終了したのか、

あるいはこの日9月25日の夜間に園内で行われる特別ライブを

なんとか当日券で見ようと夜まで並ぶ列だったのかもしれません。

 

f:id:bengal00:20151003011603j:plain

オンラインチケット組の長い長い列。

すでに開園時間を過ぎ、列は動いているのですが

先がどこまで続くのか分かりません。

なんか魂が抜けちゃってる人がいますね…

シルバーウィークは終わっているので日本人はほとんど見かけませんでした。

アートに敏感な若者ばかりという感じでもなく、

わりと老若男女、子供連れやおじいちゃんおばあちゃんもいました。

ぼくの滞在中はロンドンは非常に天気が良く、

この日のウェストン=スーパー=メアも快晴。

海に面した会場は風が強く寒いのではと思っていましたが、

日が照りつけてカットソー1枚で充分な気候でした。

 

f:id:bengal00:20151003011605j:plain

webの記事で見かけた蛍光色ベストの係員さんがぱらぱらと見え始め、

いよいよゲートが近づいてきます。

もともとここはトロピカーナという屋外プールの跡地らしく、

地元の出身だといわれるBanksyが

廃れてしまったかつての行楽地であるウェストン=スーパー=メアを

こうやってもう一度にぎやかにしようという意図も

このDismalandというプロジェクトのひとつの目的と言われています。

 

f:id:bengal00:20151003011606j:plain

出ましたハリボテセキュリティ!

ゲートも監視カメラもすべてが雑なダンボール製です。

壁には大きな銃も掛かっています(当然ダンボール製です)

 

f:id:bengal00:20151003011607j:plain

数人にひとりがガードにつかまって

なにか因縁をつけられていました。

僕もこのお兄ちゃんにガッチリ眼をにらみつけられましたが

「…go.」とひと言、無事通してもらいました。

そのあといよいよ園内に入ろうというところで

リーフレットを係員のガタイのでかい長髪お兄さんに投げつけられ

地面から拾い上げる洗礼を受けました…

そしてついに!

 

f:id:bengal00:20151003011609j:plain

~つづく

Dismaland訪問記-1 往路編

travel

2015年8月、イギリスで突如開催がアナウンスされた

Banksyによるテーマパーク(風アートイベント)、Dismalandへ行ってきました。

9月27日までのわずか5週間ほどの会期だったDismaland。

日本語での訪問記は数えるほどのようなので

せっかくだから私の記録を残しておこうと思います。

 

f:id:bengal00:20151003011552j:plain

Dismalandへ行きたいがために急遽飛行機の切符を手配し、

ロンドンに到着して3日目の2015年9月25日。

日本の自宅からオンラインでチケットを正規に購入することのできなかった私は、

ebay.co.ukを利用してこの日のチケットを入手しました。

 

f:id:bengal00:20151003015037j:plain

イギリスのオンラインチケットは、

写真のようなファイルがメールで送られてきて

自分で印刷して持って行くというシステムになっているようです。

チケットにはイスラム系の名前が記されていましたが、

「Dismalandのセキュリティがダンボール製のハリボテだってのは知ってるだろ?」

という相手の言葉を信じることにしました。

Dismalandは5ポンドのオンラインチケットだけでなく

3ポンドの当日券もあるのだけど

当日券も連日長蛇の列ということらしく、

後述する現地への交通手段の時間的・金銭的コスト、

限られた滞在時間とを天秤にかけて

「ぶっつけ本番で行ってみてダメだったらイヤ」

という結論を経ての選択です。

ちなみに訪問時1ポンド=180~190円。

しかし現地では1ポンド=1ドルくらいの感覚で物を売っているので、

何をするにも物価が日本の倍くらいに感じます。

フィッシュ&チップスが10ポンドなら2000円近いわけです。

 

Dismalandはロンドンから西へ200km、

グレートブリテン島南西にあるブリストル海峡に面した町、

ウェストン=スーパー=メアで開催されました。

ロンドンから電車を乗り継いで、早くても2時間強。

イギリスの鉄道はラッシュを避けた時間で予約すると割引になったり、

往復で予約すると復路はタダ同然の値段になるなど

日本にはない独自のルールがあり、今回ウェストン=スーパー=メアまで行く場合

ラッシュの時間帯で予約すると往復200ポンド(3.6万円!)

→ラッシュアワーを避けると86ポンドまで費用を圧縮できます。

つまり朝イチで(ロンドン午前4時出発とか)でDismalandの当日券を取ろうとすると

チケット代は安くなるけどそれ以上に往復交通費がかさみそうだったんですね。

というわけでラッシュを避けるオフピーク割引で一番早い便だと、

ロンドン・パディントン駅を8:45発、ウェストン=スーパー=メア到着は

Dismaland開園と同時刻の11:00という行程になりました。

これだと当日券狙いはきびしいですね。

 f:id:bengal00:20151003011554j:plain

車体がやたらデコボコして凄みのあるGreat Western Railwaysの特急に乗り込んで

ロンドンを離れます。

 

f:id:bengal00:20151003011555j:plain

ロンドン・パディントン駅。歴史を感じさせる広々とした構内に旅情が刺激されます。

 

f:id:bengal00:20151003011556j:plain

指定席はこんなふうになっていて

「ここの席はリザーブされてるから切符のないヤツは座るなよ」というのが一目瞭然。

 

f:id:bengal00:20151003011557j:plain

コッツウォルズの田園風景を走り抜けていきます。

Chemical BrothersのStar Guitarが思わず脳内で再生されます。

 

f:id:bengal00:20151003011558j:plain

 特急から乗り換え。

イギリスでは自転車を鉄道に持ち込んで利用する人が珍しくないようです。

車内には自転車を置くことのできるスペースが取ってあります。

 

f:id:bengal00:20151003011559j:plain

ウェストン=スーパー=メアに定刻で到着しました。

いなか町ですがDismaland目的の利用客がたくさん降りていきます。

 

f:id:bengal00:20151003011600j:plain

道路にはステンシルでいかにもな経路が示されていました。

気分がいやがうえにも高まります。

 

f:id:bengal00:20151003011601j:plain

いよいよ見えてきました!

~つづく